現象の奥へ

Entries from 2020-02-18 to 1 day

【詩】「『アスパンの恋文』」

「『アスパンの恋文』」 『アスパンの恋文』というヘンリー・ジェームズの作品は奇妙な味わいの小説であるもっともヘンリー・ジェームズの作品はたいてい奇妙な味わいである このT.S.エリオットと同じようにアメリカを捨てたアメリカ人舞台で好んだイタ…