現象の奥へ

Entries from 2021-11-29 to 1 day

【詩】「蘭を焼く」

「蘭を焼く」 たしか瀬戸内晴美時代の作に、 「蘭を焼く」なる作品があった。 官能的な作であった。 その後、大杉栄や伊藤野枝、岡本かの子などの伝記物を書いて、 それから、「男遊びは散々したので未練はない」と今東光指導のもとに、天台宗僧侶の修行をし…