現象の奥へ

Entries from 2022-03-02 to 1 day

【詩】「地質学的な隠喩。」

「地質学的な隠喩。」 井筒俊彦は高野山の記念日によばれて、講演をすることになった。 わたくしのような素人が、と、井筒はきりだし、そのうち、 しにふぃあんにおよんだ。 意味を超えたことばが、宇宙を包んでいるんです。 山の葉っぱのひとつひとつが声を…