現象の奥へ

土井善晴『味つけはせんでええんです』(ミシマ社)

土井善晴『味つけはせんでええんです』(ミシマ社)

「料理して食べるという営みにあるのは、栄養の摂取、食の学び(マナー・知識)、空腹を満たす満足、おいしさの楽しみ、人間関係を深めるという目的だけではありません。人生にかかわるあらゆるものの起源です。あまりにも日常的な、その営みは、どんなふうに精神とつながるのか。あらためて考えてみたいと思います」(土居善晴『あじつけはせんでええんです』(ミシマ社)

(本の写真を載せてそれで満足している光景を多々見かけるが、それでは内容がわきに回ってしまうので、あえて写真は載せない。出版社のミシマ社は、その昔、茂木健一郎の、なかなか内容のある本も出していて、注目していた。)