現象の奥へ

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』──ヒットは日本人のアタマの劣化の証明(★)

(2020/12/2@天神東宝、ソラリアプラザ(福岡))

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(外崎春雄監督、2020年)

「無限列車」とあったので、すぐに、『パラサイト』のポン・ジュノ監督の傑作、『スノウピアサー』(2013年)を思い浮かべた。しかし、本作は、どこが無限列車なのか? ただの列車に見えた(笑)。八両編成で、200人も乗っているようには見えなかった。一時が万事で、本作は、言葉だけが大げさで、でたらめなアニメ作品である。鬼に対する歴史的考察もなければ、それが平安時代あたりに出てきたという認識すらない。いつの時代かわからなくしてあるのも、時代考証を避けているとしか思えない。いちばんの瑕疵(かし、って読みます。あのー、この作品のファンの方々、わかりますか?「欠点」という意味です(笑))は、キャラが立ってないという一時につきる。名前だけは、勇ましく、声優の演技は大げさだが、どれも同じキャラのように見えた。そして、本作には、外国のサーガ(伝説的物語のことです)のような、物語が存在しない。すでに、物語は壊れてしまったかのようである。このようなひどい作品に酔いしれるなど、ほんま、日本人のアタマも劣化が激しい。台詞は、すべてといっていいほど、いまどき道徳の教科書(いま、そんな学科なんてあるのか?)にもないような、紋切り型ばかり。肝心の「絵」は、少女漫画ベースで、これにも個性なし。そして、俗フロイト的に、「無意識」の世界について語るが、ぬあに? それ? という感じ。『今昔物語』でも、一から勉強してほしいです、原作者、監督、ファンのみなさん。だいたい、全然恐くもなく、意外性もない映画なんて観る価値ない。
 ある熱狂的レビュアー曰く。「中身が悪いなら、これほどヒットするはずない」。中身とヒットはカンケイねーんだよ、ばーか。かつては、「だっこちゃん」なるアフリカ系の容姿のビニール人形が、空前のヒットしたこともあるんだよ。あれ?(爆)

 

【詩】「河上徹太郎が編む『萩原朔太郎詩集』」

河上徹太郎が編む『萩原朔太郎詩集』」

おそらく

日本の現存詩人の多くは

萩原朔太郎という詩人は当然知っていても、

氏がどういう詩人だかはほとんど

知らない。

氏のまねをしているアナクロな詩人をたまに見かけるが

それは、

氏の若いときの

誰もが感じるような甘い青春時代の

感情を書いた詩である場合が多い。

外国の文化に通じた評論家

河上徹太郎によれば、

朔太郎は、明治、大正、昭和と

生き抜き、それぞれの時代に

そのときの年齢に応じた、

また時代を分析した

詩を書いている。

いちばん重要なことは、

日本的なもの田舎的なものを

嫌いながら

その感性のうえで書くしかなく

パリには生まれていなかったので、

それはそれでしかたなく、いわば、

それを開花させた。

河上氏を立派だと思うのは

解説において、詩の引用を

最小限にしているところである。

いくつかの詩を引用しても、

たいてい、二行しか、引用していない。

わが国において

ダンディにとっての前進が即ち

没落(退廃)であり、

この宿命がダンディ萩原朔太郎

悲劇である。

と、結んでいる。
 

吸いさしの煙草で北をさす北昏ければ望郷ならず

寺山修司
 

この歌は萩原朔太郎に捧げられた歌

のように思える。

そして

ボードレールはじっと

朔太郎が利根川畔のレストランで

逢い引きしているのを

見ている。



【詩】「Marguerite Yourcenar 『Mishima ou La vision du vide』(マルグリット・ユルスナール『ミシマあるいは空虚のヴィジョン』)」

「Marguerite Yourcenar 『Mishima ou La vision du vide』(マルグリット・ユルスナール『ミシマあるいは空虚のヴィジョン』)」

 

長い長い長い馬の小便のような長い長い長い夢を見ているジジイの夢はほんとうに漠然とジジイが感じているようにフロイト的文脈を持ち得ているのだろうか──?

 

この惑星にはマルグリット・ユルスナールのようなババアもいて、この国際的日本人作家について小論を書こうと身構えている。そしてこんなエピグラフを用意している。

 

Mourez en pensée chaque matin, en vous ne craindrez plus de mourir.(Hagakure, traité japonais du XVⅢe siècle.)

 

毎朝死ぬことを考えなさい、そうすれば死を恐れることはなくなる。(葉隠れ、日本の一八世紀の約束事。)

 

この説明はあまりにも言葉が足りない。まるで18世紀の日本の法律であるかのようだ。まず、「武士の」が欠けている。そして、これは人を縛る法律ではなく、一種の「美学」である。この説明がないゆえに、ユルスナールはMishimaについて、大いなる「誤読」をするだろう。

 

Mishimaは、ノーベル賞を欲していたが……

と書かれている。

 

出そうで出ないジジイの小便のような出そうで出ないジジイの記憶の言葉はほんとうにジジイには想像もつかないだろうがソシュール的言語体系内に存在しているのだろうか──?

 

宇宙は今始まったばかりだというのに、「空虚」とは泣かせる。


f:id:palaceatene:20201130023333j:plain





最果タヒ『夜景座生まれ』──文脈不在の文章=詩(笑)(★)

最果タヒ『夜景座生まれ』(2020.11.25、新潮社刊)

以前の詩集『恋人たちはせーので光る』で、(生年月日や学歴は出しても(笑))顔出ししない著者について、男性である可能性について示唆しておいたが、最新刊の本詩集では、一人称の多くが「ぼく」と使われていて、これはこれで、その昔、女子高生のあいだで流行った(私も使っていたりした(笑)名乗り方であってみれば、それは却って女らしいとも言える。
発行する出版社は、リトルモアから新潮社に移っても、ネオンカラーの装丁といい、本文の、活字の種類も組み方も、一冊の本でありながら、さまざまな種類を用いている(ほかの人々がマネしたりしているのを見かけるが(笑))のも、これまでと変わらず、これは、伊坂幸太郎などの作家もやっている、出版社が変わっても、著者らしい装丁は変えず、の、スター作家ならではのものなのか? 昨日発売にも関わらず、詩集でAmazonのベストセラー一位あるが、詩集などというマーケットがカンケイない書籍などは、本人はもとより親戚や知人が一〇冊くらい買えば、ベスト点入りも可能であろう。それより、どれだけの数のレビューがついたかの方が、売れ行きとだいたい平行しており、なかには「やらせ」もあろうが、まー、100レビューもつかないと、売れているとは言えないかもしれない。

さて、本書であるが(笑)、相も変わらずの文体である。こういう「結局、なにも言ってない言葉の羅列」に感動することができる人々は、どんな精神構造のひとなのだろう? と、私などは思うだけだ。書かれた文章からは、著者の姿はまっく見えない。どんな本を読んでいるのかさえわからない。奇妙に、論理をひねっていくことだけは、わりあい得意と見える。聖書にも文脈というものは存在するが、最果タヒなる詩人の「詩」は、文脈不在である文章を詩と言っているかのようだ。いったいいつまで、「ベストセラー詩人」であり続けるのかな? 

当然(系統的読書の習慣のない)若者に向けて書かれているのであろうし、若者のなかには、こうした感性に同調できる人もあるだろう。しかし、ジジイが同調するのはみっともないからやめといた方がいいよ(笑)。



f:id:palaceatene:20201128020951j:plain

 

【詩】「ドイルを待ちながら」

「ドイルを待ちながら」
 When I look at it my chagrin at the loss of the letters becomes almost intolerable.(Henry James "The Aspern Papers")
 それ(「私」の机の前の壁に掛かっていた絵。すでに売ってしまった)を見ると、手紙(詩人アスパンの恋文(資料))を失った苦しさが耐えがたくなるのだ。
  アメリカ随一の人気詩人Billy Collinsは、『The trouble with poetry and other poems』という詩集のエピグラフにヘンリー・ジェームズの言葉を引いていたが、どこからの文章か、明記していない。それは、私が上に引いたのとは違う文章だ。私が上に引いたのは、小説『アスパンの恋文』からである。
ヘンリー・ジェームズも、T.S.エリオットと同様に、女性には興味がなくて、生涯独身で、イギリスで暮らした。しかし、生まれは、ニューヨークの、ワシントン広場やグリニッジ・ヴィレッジのあたりである。雰囲気からは似つかわしくないが、かえってそういう生まれの方が、古典的物語にとらわれずにすんでいるのかもしれない。
 ワシントン広場というのは、ヒッピー時代には、麻薬が売買される、怪しい地域であったようだが、9.11の事件ののちは、牙を抜かれたようになった。湿った地面がむき出していて、街中だけどリスがいる。
 私がこの地を訪れたのは、この地の演劇に関する卒論を提出して、30年以上経ってからだ。遅ればせながら、そこで、「オフオフブロードウェイ」の芝居を観た。まだやっていた。しかしもはや、なにか骨董品のようになっていた。ジャズ・ハウスでもジャズを聴いたが、なんか観光客向けにしらけた感じでやっているようでもあった。
 ニューヨークには何もなく、NYPDだけがパトロールしていた。
 ホモセクシャルでも、オーデンのように、イギリスからアメリカに移住するひともいる。どっちの方が住みよいのかな。
 ここは、ロシアの演出家のスタニスラフスキーが開発した演技術の支店もあるので、ジーン・ハックマンなどが、スターになれたわけだ。
 そう。私はまだ、ドイルを待っている。

f:id:palaceatene:20201125031911j:plain



【詩】「追跡」

「追跡」
 
追いつけばそれで終わりと
思ってもドイルは
追わずにはいられない
なぜ? と自問しながら
ガムの包みを素早くといて
口に突っ込む
中折れ帽子
アロハシャツ
そして
足首には
足首用ホルダーに
入れた拳銃
飛行機に乗るとき
スーツケースの「枠」に
分解して隠していた
21世紀なら簡単に見つかったかもしれないが
ときは、
1975年
フレンチのバルテレミー警部に
わかってもらえなかった。
ビーチが歩道の欄干から見えて
砂浜でボール遊びをしている女たちを
見学している人々がいる。
その向こうがレストランで
窓越しに
シャルニエの姿が見える。そしてこの麻薬商人は
NY市警のドイル刑事の姿を発見する。
彼の顔を知っているのは
ドイルだけ、という理由でマルセイユに送られた。
それは、ただのおとりだった──
追いつけばそれで終わり──
なにが?
ゲームが?
人生が?
愛、のようなものが?
アメリカ一の人気詩人といえば
Billy Collins
彼の作に、「フロイト」というタイトルがあったのは
偶然だった。
 
 彼がなんていうかわかってるとおれは思う
 昨夜見た夢について
 おれの鼻が……
 
そう、私は、マルセイユ近くの保養地
ポール・グルイッサンで
ポパイを待っている。
 
麻薬中毒から立ち直る苦しさを
取り返すためさ
と彼は答えるに決まってる
 
 

f:id:palaceatene:20201124013118j:plain