現象の奥へ

20年前の菊之助はマイケル・ジャクソンくりそつだった(笑)

いやん。18年前のキクちゃんじゃん。国立劇場、演出でたらめ。オトッツァンの菊五郎は、この『伊達騒動』で、マツケンサンバ踊ってやんの。台詞は何回もとちるしー(笑)。かぶりつきで見てたので、ナマナマしかったわん。

天沢退二郎氏@1月25日

天沢退二郎氏を譚海へと送りだす。r.i.p

【訳詩】Samuel Beckett "Collected Poems in English & French"

【訳詩】elles viennentautres et pareillesavec chacune c'est autre et c'est pareilavec chacune l'absence d'amour est autre avec chacune l'absence d'amour est pareillethey come different and the samewith each it is difference and the samewit…

【詩】(無題)

(無題) 「これはこれは、忘れようとして思い出せない」 かつて、漫才の京唄子の相棒、鳳啓助は言うのだった。 漫才がベケットの芝居そっくりであった時代。

【詩】「羅生門」

「羅生門」それは千年以上前の寓話で、しかも龍之介という名の作家の創作だった。人心が荒れ果てた時代、三十代の女性が半年つきあって別れ話に逆上した八歳年下の男から逃げていた、また三人組をいく組か形成して、そこかしこで強盗を働くということがあり…

【もしゃもしゃカメよ】フェルメール『聖プラクセディス』

【もしゃもしゃカメよ】フェルメール『聖プラクセディス』(個人蔵を、日本の国立美術館が管理)もともと、フィレンツェの画家、フェリーチェ・フィケレッリの作品を、フェルメールが模写したもの。それを模写した、模写の模写である。模写すると、見ている…

【詩】「トルコ」

「トルコ」トルコはイスタンブールであり、トロイヤであり、殺人事件が起こる列車が出発する国であり、オルファン・パムークの青春の都市であり、いつまでも雪の降り続く国であり、暴力と親和が混じり合う──そんな国を想像してみたことはない。そんな国では…

【詩】「死なない鼠」

「死なない鼠」傳ちゃんがメッセージで、死なない鼠について言ってきた。すぐにベケットの「あの鼠、殺さなければ死んでしまう」という台詞を思い出した。それはディズニーの鼠のことで、傳ちゃんはその鼠がすきでなかったが、かけるというこども(おそらく…

【詩】「ブラックホールは自殺する」

「ブラックホールは自殺する」永遠でないことに飽き、自殺することにした、オレ。どうやって?簡単。きみが忘れてくれさえすればいい。闇の触覚を、渦巻きの昏さを。そうして単体の寿命を測り新しい理科に乾杯する。どういうつもりなんだ?「流れ星は不死身…

【詩】「何でも行け、ローマ!」

「何度でも行け、ローマ!」 何度でも行け、ローマ! そしてベネト通りでダンスせよ、ヘップバーンのようにね! そして海岸で、おおきな「淀ちゃん」(淀川に流れついて鯨の愛称)のような魚の死骸のそばを歩き、おのれの堕落を甘受せよ! 親友の死をかみし…

【詩】「ローマ」

「ローマ」はじめてローマのキャピトリーノの丘に達したとき、珍しい柄の猫にあった。ローマでは珍しくなかったのかもしれないが、そいつは、渦巻き模様だった。いや、そいつら。何匹もがらんどうの丘の斜面をのし歩いていた。透明の天使や戦士が飛び交って…

【短編を読む】「大岡昇平『俘虜記』」

【短編を読む】「大岡昇平『俘虜記』」(初出『文学界』昭和23年2月号。四百字詰め換算約96枚)本作は、のちに連作長編として一冊の書物となる第一章、「捉まるまで」の部分であるが、最初は、昭和23年に『文学界』に短編の形で発表された。単体の短編と連作…

【詩】「荒地2023」

「荒地2023」ばりあるおぶざでっど。えいぷりるいずざ、くるーえすとまんす。ぶりーでぃんぐらいらっくあうとおぶざでっどらんど。死んだ土地からライラックを生まれさせる。子犬のまさにぶりーどのように。一歳になったばかりの幼い雌が、赤ん坊を製造…

【詩】「プレザンス」

「プレザンス」プレザンス、それは、われわれの知覚の選択。丸ければ丸い、四角ければ四角い、表象を選び、現実のなかに像を現前させる。そこに介在するは意志、時間、瞬時に切り刻まれる時間。「私」の前に現れる現象を知覚、非知覚のどちらかのなかに選び…

【DVD】『ブリット』(ピーター・イエーツ監督)

【DVD】『ブリット』(ピーター・イエーツ監督、1968年)スピルバーグがリメイク(というのか?)するというので、さっそくAmazonでDVDを買った。帰省に持ち込んで鑑賞……。いろいろ著名な出演者(ロバート・ボーンはかぎりなく悪いし、ジャクリーヌ・ビセッ…

【詩】「近松」

「近松」十六世紀の最後の三十年間歌舞伎は最高潮となり、その中心は、豊臣秀吉だった。派手な衣装がすきだった、微賎の出ゆえ。歌舞伎の源流は、自称出雲大社の巫女、女芸人阿国大した芸じゃなかったが、もともとは盆踊りだった踊りを、大胆に踊ってみせて…

【詩】「右側に気をつけろ」

「右側に気をつけろ(SOIGNE TA DROITE)」 物語を詩にして完成させ、その日の朗読会に間に合うように届ければ罪はゆるされる。罪? なんの罪?物語? なんの物語?そして馬鹿殿は、詩を作り始めるのだった。韻も踏まない十四行だけある詩はソネットと呼ばな…

【詩】「隠喩」

「隠喩」世の中にいちばん多いもの、それは隠喩であろう。隠喩と隠喩をかければ隠喩になる。とらえ難く悲しく、生涯使いおおせぬ隠喩のために泣く清少納言。星は、すばる。超新星は10,000×9,998×……の隠喩を使い尽くして輝く。「単語はすべて死せる隠喩である…

【詩】「詩が詩に横切られる」

「詩が詩に横切られる」いま、1888年米国生まれの英国人、Thomas Stearns Eliotの「荒地」のなかのマダムが歩いている部屋のウィンドウが見えるが、そこを、1906年アイルランド生まれのフランス人になってしまったSamuel Beckettの「ホロスコープ」という詩…

【詩】「ブレイク」

「ブレイク」教育は、われわれがほんとうに感じたり欲したり、興味を持ったりすることを、隠す。有害なのは、そうして得られた知識ではなく、それがわれわれに強いる画一的なものの考え方である。と、T.S.エリオットは、「ブレイク」という論文のなかで書い…

「愛しているのか、恨んでいるのか」

「愛しているのか、恨んでいるのか」ときどき載せられる書き込みを、ひそかに覗いている。男を恨んでいるような、でも愛しているような。ほんとうに、あの男とあの女は、やってしまったのか。女は男をなじっている。ほんとに、知り合ってまもなくホテルに行…

【吉本隆明はフーコーに完全に論破されている】(「フーコーを読む」番外編)

【吉本隆明はフーコーに完全に論破されている】(「フーコーを読む」番外編)フーコーが来日したおり、蓮實重彥の通訳で、吉本隆明と対談する機会があった。それが本になっているのが、『世界認識の方法』(1980年、中央公論社)である。フランス語版の書物…

【詩】「メモリー」

「メモリー」人生でいちばん最初に飼った犬は近所で生まれたスピッツとおそらく雑種との混血で何匹か生まれたうちのその犬だけ、白い毛が短めだった。 わんわんウルサイのでベルと名づけた。一年もたたないうちにジステンパにかかって死んだ。実際、ジステン…

【フーコー『言葉と物』を読む3】Lire "Les mots et les choses" de Michel Foucault

【フーコー『言葉と物』を読む3】Lire "Les mots et les choses" de Michel Foucault(まだ「序文」(笑))フーコーはボルヘスの『続異端審問』のなかで中国の百科事典に言及、動物の分類の常軌を逸した様子に爆笑した。なにがおかしいのか? まわりにいる…

【詩】「ナチ」

「ナチ」ナチが悪であることは誰もが知っている。 しかし、ナチは一種の思想集団であり、人物そのものではない。その「思想」が裁かれる。どのような「思想」か。 それは、ハンナ・アーレントが、エルサレムで、元ナチの秘密警察の長であり、多くのユダヤ人…

【詩】「受刑者の方々」

「受刑者の方々」名古屋の刑務所で、22人の職員が3人の受刑者に対してくりかえし暴行を行っていた疑いがあると法相が明かしたニュース。「受刑者の方々にはお詫び申し上げます」ということだった。「受刑者」でも、「方々」である。「受刑者」に対する暴力で…

【詩】「アエネーイス」

「アエネーイス」羊飼いの老人のように、半分眠りながら、この物語を読んでいる。そのうち自分がアエネーイスであるような気がしてくる。アマゾネスに助けられ、這々の体でトロイアを逃れた。向かうはローマ。だったかなー?故郷は戦場。なにもかも打ち壊さ…

【詩】「実朝」

「実朝」「海は無数の剣」と、ボルヘスが書き始めたとき、実朝はすでに死んでいた。従兄弟だったかの僧侶に暗殺された。36歳の柿澤勇人が演じる18歳の実朝。そして、従兄弟の、坂口健太郎メンズノンノ演ずる北条泰時に、恋心を感じる。柿澤の無垢なまなざし…

【詩】「鏡」

「鏡」お願い黙っていて。ほかのひとにささやいてあげたならきっと、喜ぶでしょうけど。なんて、中村晃子は歌っていた。ドロン相手はダリダ。大柄なドイツ女。黙っていて、とは、秘密にして、という意味ではなく、口をきかないで、ウルサイから、という意味…

【詩】「雨」

「雨」はげしく、板庇を打つ雨は春の古句なかに閉じ込められて、無数の、雨に関する夢想を呼び起こす。La pioggia, la pioggia non esisteジリオラ・チンクェッティが歌う、ローマの存在しない雨「月さま、雨が」と、日本の芸妓の寄り添う雨。「春雨ぢゃ、濡…